2016年10月20日

♪油絵具について〜どうやったら速く乾く?その1〜♪

こんにちは!カワチ画材・東急ハンズ三宮店のみやこです目

先日、またまたホルベインさんに弊社スタッフ向けに画材講習会をしていただきました!
今回のテーマは『油絵具』。
なかなか化学的で難しいお話もありましたが、勉強したことをまとめてみたいと思います手(グー)

ちなみに、絵具の事で困ったときはホルベイン工業さんのQ&Aサイトがおすすめです!
http://www.holbein-works.co.jp/technical_info/index.html

p_item_oil.jpg

さて、油絵具ってなかなか乾きませんよね〜たらーっ(汗)
水彩やアクリルなど油絵具以外の絵具は、絵具に含まれている水分が蒸発することによって乾きます。
でも、油絵具には水は含まれていません。どうやって「乾く」のか?
詳しい説明はたいへん化学的でみやこには出来ませんので省略いたしますがあせあせ(飛び散る汗)
乾性油の中に含まれている脂肪酸が、空気中の酸素と反応することによって、隣同士の脂肪酸とがっちり結合していく→液体の油が固体になる(乾く)・・・ということなんです(この説明で分かりますかね。。。あせあせ(飛び散る汗)
水彩絵具とは仕組みが違うんだ!ということだけ覚えておいて頂ければ。。。

そんなわけで油絵具を速く乾燥させるには、この「空気中の酸素とくっつく」、という化学反応を促進させる必要があるわけですが、最も効果的なのは温度を上げることです。

ホルベインの方いわく『45度くらいだとすぐに乾きますよ〜』とのことですが、人間の方はとてもそんなところで描いていられませんね^^;
夏場でしたら、よく陽の当たるところに絵を置いておけば比較的乾きやすいと思います。
注意して頂きたいのは冬場、15度以下になると極端に乾きが遅くなります。
特に厚塗りの場合は表面だけ乾いてしまって内部まで乾燥しない(酸素が入ってこない)ということが起こり、剥落や亀裂の原因になるので注意しましょう。
寒い冬は暖房のきいた室内で描きましょう!(換気は忘れずに)
乾くのが遅い場合は、ホットカーペットの上に絵をのせておくと、均一に温められて効果大です。
ドライヤーは温められる面積が少なくかなり時間がかかりますのでおすすめではありません。
1年のうちに大作をたくさん描く予定がある場合は、下塗りだけでも夏場の間に済ませておくとよいでしょう。

さて、長くなってしまったのでひとまずここまで!
次回は温度を上げる以外の方法=乾燥促進剤について少しご紹介します。
みやこでした〜かわいい

posted by ミヤコ at 20:04| Comment(0) | 油絵具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: