2016年11月21日

☆油絵具について〜色々なホワイト・その2〜☆

こんにちは♪カワチ画材東急ハンズ三宮店のみやこですぴかぴか(新しい)

前回のブログに引き続き、油絵具のホワイトの種類について紹介していきたいと思います手(グー)

☆シルバーホワイト
乾燥も速く、中塗り用に最適。
固着力が強く(亀裂・剥落を起こしにくい)、着色力は最も弱い(透明性のある白)です。
*毒性有り(鉛化合物を含みます)。取り扱いにご注意下さい。
注意:硫黄顔料系の色と混合すると黒ずむ恐れがあります。
ウルトラマリン系の絵具とは混ぜないでください。
また、大気中の硫黄を含んだガスに触れると黒ずむ恐れがあります。
完成後6ヶ月経過したら、タブロー(画面保護ワニス)を塗布して下さい。

硫黄ガス??という感じですが、温泉地の旅館に飾りたい!場合や、昔のガスファンヒーターなどに含まれている場合があるので、必ず保護ワニスをかけましょう!

☆セラミックホワイト
ホルベインさんが開発した、新素材セラミックを使ったホワイト。
青みでやや不透明性のあります。
適度な着色力と隠ぺい力があり、安定した性能、混色用、上塗り用に最適。
白色度(白さ)、混色鮮明度(白を混ぜたときの鮮明度)とも非常に優れています。
黄変性も少なく、耐光性もよく、混色制限もなく、理想のホワイトです。

☆クイックドライングホワイト
乾燥時間の抜群に速いホワイト。
黄みで透明性があり、混ぜた絵具の乾燥も早めます
着色力と隠ぺい力が弱めです。
注意:乾燥塗膜は非常に硬くなり、柔軟性がなくなりますので、
キャンバスは巻いたり曲げたりしないでください。
出来るだけ織りのしっかりしたキャンバスを選んで下さい。
また、亀裂を防ぐため一度に厚塗りするのは避けましょう。

亀裂が心配な場合はストロングメディウムを混ぜて下さい。

う〜ん、一口にホワイトといっても透明感のあるものや仕上げ用、乾きの速いものなどいろいろあるんですね!
ぜんぜん違いが覚えられないよ。。。という方、ご安心下さい!
PHOTO088 (2).JPG
油絵具コーナー横のパンフレット置き場にホワイトの違い・一覧がまとめられたホルベインさんのチラシをご用意しています!もちろんご自由にお持ち帰りいただけますので、ご活用下さいね〜。

参考:ホルベイン画材HP「ホワイトノート」


次は画溶液について書く予定です〜。
みやこでしたかわいい
posted by ミヤコ at 10:35| Comment(0) | 油絵具
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: